「セカンドライフ 7つの誤解」

今日のおすすめのはこちら。






3Dインターネット仮想空間セカンドライフ。2007年7月に日語版がリリースされ、2007年は、盛り上がった。その一方で、セカンドライフの街は、閑散としており、どこに何があるかもよくわからず、何をすればよいか、わからない(、雑誌の助けが、必要なこともあるが、口コミ情報で、多くはまかなうことができる。その過程が、セカンドライフ質=自分が必要なものは、何か、それを、どうやって得るかを、探究することでもある)。コア2デュオ、グラフィックボード搭載の高スペックなパソコンでなければ、満足のいく動作環境が得られない(グラフィックボードなしのノート型パソコンでも、最低限、動かすことはできる)。セカンドライフでは、儲からない(不動産取引などで、儲けている人は、少数だが、確実にいる)。セカンドライフは、ゲームではなく、人と人のコミュニケーションツールだ(代替現実ゲームに応用できる要素はある)。セカンドライフに関係する、主要な論点について、まとめられている。2008年の日経MJの巻頭は、3Dインターネット時代の到来であった。「3Dインターネットって、何?」「セカンドライフって何?」と思われる人には、おすすめ。




人気ブログランキングへ

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/88-ffa9982d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード