「死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う」 森達也

今日のおすすめの本はこちら。








死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う



「死刑制度」の存置論、廃止論、もっと、考えよう、
という趣旨の本。



結局のところ、遺族の応報感情による仇討を、国家が代行することが、死刑存置論の根拠のようだ。

「あなたの親族が殺されたときに、あなたは、どう思いますか?」


冤罪で死刑となった死刑囚の問題も根深い。因果律という、恐ろしい罠。



「無罪だが、生きていても、仕方がない」、と思わせる、そう思えるであろう人に、濡れ衣を着せる捜査関係者もいたようだ。また、冤罪事件は、過去の特高警察の時代の話ではないだろう。今なお、起こりうる。そして、裁判員制度は、死刑判決を伴う重大事件で採用される、ということ。もはや、誰かが、代表して、死刑判決を下してくれる、という時代ではなくなる。




裁判員になったとき、あなたは、「マスコミにも、プロの裁判官にも影響されず、真実を見つけられますか?」




「職務上正しいはずだが、人を殺している、という感覚は、あった」、という死刑を執行した関係者の言葉。被害者の遺族が、死刑執行に立ち会えないこと、刑務官に、死刑の実行を委ねること。死刑執行、死刑判決に関係する人々の精神的苦痛が大きいからといって、死刑制度をなくして、よいものか。死刑制度を残しつつ、執行を停止するのか。死刑制度そのものを、廃止するのか。




近年の山口県光市の母子殺害事件の広島高裁の差し戻し控訴審で、元少年の死刑判決が下ったように、厳罰化の流れになっている。今一度、「死刑制度って、何だろう」、と考えるきっかけとなる本かもしれない。









人気ブログランキングへ

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/81-807fe127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード