「硫黄島玉砕戦―生還者たちが語る真実」

今日のおすすめの本はこちら。



この本を読むと、
戦争を扱った映画を
制作することがいかに困難かが
よくわかる。

とても、
映像化できないシーンの連続である。

最前線の戦場を知らない人間が
開戦に踏み切る。

戦争を知らない子供たち。
戦争の歴史は、風化していくのだろうか。

硫黄島で、栗林将軍が戦死したあとも、
なお、戦いは続いた。

裸で過ごした塹壕内では、
階級章さえも、意味を
もったりもたなかったりしたようだ。

投降する際には、
上官の命令で、投降した、という
文脈で使いたがる一方、
横暴を極めた中尉に対し、
反乱が起きた、という。

とても、テレビでは放送できない
内容だった。

戦争は、してはならない。






人気ブログランキングへ

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/78-b81775c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード