「人を動かす 新装版」


今日のおすすめのはこちら。



聖書につぐ世界的ロングセラー

例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、
そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法など。

最近、躍進している会社には、
社長が決めずに、部下に決めさせるところがある。
部下がその気になって、どうしてもやりたい、となれば、
まかせる。そうなるように誘導する。

フラットな組織を声高に叫ぶが、
話をよく聞いてみると、
安い賃金で、人を思うように使おうという魂胆が
見え隠れしており、だまそうとしているようにしか
思えなかったりするので、性質が悪い。

しかし、それでも、ついていく人はいる。
結局、組織がフラットか、ピラミッドかは、
あまり、関係なさそうだ。

人を批判しても、ろくなことがないらしい、ということに
気づくことができればラッキーだ。

相手が完全に間違っていたとしても、
完全に否定し尽くすには、圧倒的な
権力が必要になる。

また、権力があったにせよ、それを行使するか
しないかも、また別問題だ。

リンカーンなどの歴史上の人物、
カーネギーなどの産業界のリーダー、
そして市井の人々の逸話を交えながら、
著者の論点が分かりやすく解説されている

経済的成功の15パーセントは
専門的知識から生み出されるが、
残りの85パーセントは
「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、
そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。

自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるような
スキルを教示する。

相手のメンツをつぶさないこと。

簡単なようで難しいことです。

また、明日。





人気ブログランキングへ

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/77-52a60391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード