【もしドラ・AKB48峯岸みなみ】もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (単行本) 岩崎夏海 (著) と「マネジメント - 基本と原則」 [エッセンシャル版]【ツイッター(Twitter)・YouTube(ユーチューブ)】

今日のおすすめの本は、こちら。




【PC用リンク】もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


【携帯用リンク】もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


  • 単行本: 272ページ

  • 出版社: ダイヤモンド社 (2009/12/4)

  • ISBN-10: 4478012032

  • ISBN-13: 978-4478012031

  • 発売日: 2009/12/4



目次
プロローグ
第一章 みなみは『マネジメント』と出会った
第二章 みなみは野球部のマネジメントに取り組んだ
第三章 みなみはマーケティングに取り組んだ
第四章 みなみは専門家の通訳になろうとした
第五章 みなみは人の強みを生かそうとした
第六章 みなみはイノベーションに取り組んだ
第七章 みなみは人事の問題に取り組んだ
第八章 みなみは真摯さとは何かを考えた
エピローグ
あとがき

ピーター・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)の
『マネジメント』(エッセンシャル版)を間違って買ってしまった、
敏腕新人マネージャー・川島みなみ(AKB48の峯岸みなみがモデル)。



【みなみが買った本】マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]

本の内容を
野球部のマネジメントにも生かせることに気付き、
甲子園を目指して奮闘する青春小説。

女子高生とドラッカーを
高校野球で組み合わせる、という発想。

一見、荒唐無稽。

しかし、それっぽいアニメの装丁や、
挿絵が入ると、思わず手にとってみたくなる。

そして、読みだしたら、止まらない1冊。

終わりまで、一気に、最後まで読んだ。

顧客とは?

マーケティングとは?

リーダーの資質、真摯さとは?

高校野球におけるイノベーションとは?

人材活用の要諦は?

分厚さにめげてしまう、
ドラッカー「マネジメント」を
やさしく現場の問題に即して説明している。

マネージャーに推薦してくれた友人の
死という運命。

「ノーバント・ノーボール」という革命を起こし、
西東京大会で都立高校として、
久々の甲子園出場という大願成就する、
というサクセスストーリー。

本当は、野球が嫌い(になっていた)みなみが、
嫌いなはずの野球に真摯に取り組むことで、
成長していく過程も面白い。

ただ、みなみは、単に、「マネジメント」を
上手に読み説いただけではない。

みなみの周りには、
協力者がいたことも事実
(みなみが動かした人も含まれるが)。

本を鵜呑みにして、
頭でっかちにやろうとすると、
猛反発を食らって、組織から、
弾き飛ばされるだろう。

実際、どこもかしこも、
みなみだらけだったら、大変だろう。

坂本龍馬だらけの幕末みたいな。

読者のイマジネーションで、
行間を埋めていく楽しみもある。

その点で、「時をかける少女」に近い。

映画化、ドラマ化、アニメ化、
いろいろな原作に使えそうな作品。

「お願いランキング」(テレビ朝日)の
ベストセラーランキングで、勝間和代が
第3位に評価した。

アマゾン(Amazon)でも売れています。
ツイッターや、ユーチューブ、ホームページを、
効果的に使っプロモーションし、
4月28日には、iPhoneで電子書籍化した点も興味深い。

ツイッター(Twitter)の『もしドラ』
公式アカウント は、(@moshidora)。
ハッシュタグは、( #moshidora )。

高校生や大学生、そして若手ビジネスパーソンなど
多くの人に読んでほしい一冊。

たとえば、
財団法人日本高等学校野球連盟(高野連)が
全国の高校野球部に配布したら、
どうなるだろうか?

事業仕分けでも議題になった
財団法人全日本交通安全協会の
隠れたベストセラー
講習用教本(年1400万部)よりは、
役に立ちそう。

学校教育の活性化策として、
学校内の部活動の相互交流は、
やってみる価値がある、と思った。

大学の体育会も、集まって酒を飲むだ、
学園祭で出し物するだとかじゃなく、
もっと、お互いのノウハウを共有し合えば、
レベルは上がるはずなのだが。

現役学生時代に、なぜ気付かなかったんだろう
(ゆるやかに他部のやり方を、
自然に採り入れていた気もするが)。

教師にも親にも読んでほしい一冊。







人気ブログランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/408-0f3fd81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード