「1Q84 BOOK3」 (単行本) 村上春樹 (著) 【あらすじ・読書感想文】


今日のおすすめの本は、こちら。
村上春樹のベストセラー小説です。



【PC用リンク】1Q84 BOOK 3

【携帯用リンク】1Q84 BOOK 3

【セット】1Q84 1-3巻セット


【あらすじ】

1Q84 BOOK2」で、拳銃自殺を図ろうとした、
青豆

そのあと、どうなったか。

青豆天吾は、いつ、どのようにして、
出会うのかが、最初のポイントでした。

きっかけとして、第3の人物・牛河の登場。

牛河という人物は、
他の村上春樹作品にも登場する名前
(長編小説『ねじまき鳥クロニクル』の国会議員秘書。
ただし裏の仕事専門。)。

さきがけから指令を受けた牛河は、
徐々に確実に、青豆天吾に、
近づくが、さきがけに重要な情報を伝える前に、
青豆からの電話で危険を察知した、
タマルによって、非業の死を遂げる。

牛河を殺したタマルは、
青豆からの依頼に従い、
天吾に電話をかけ、呼び出し、
青豆と2人は、再会する。

そして、青豆は、
天吾と一緒に、1Q84からの
脱出を試みる。

黄色い月と、いびつな緑色の月。
二つの月が浮かぶ1Q84年。

猫の町天吾)=1Q84(青豆)。

それは、本来、いるべきではない場所。

月がひとつしかない世界へ「戻ってきた(?)」、
青豆と天吾

ある意味、
予想通りのハッピーエンド。

【読書感想文】

しかし、果たしてここで終わりだろうか。

実際、三度目にやってきた、
エッソの看板「タイガーをあなたの車に!」の
前で、看板のタイガーが、
逆を向いているのを、青豆は自覚した。

看板の虎は左側の横顔をこちらに向けていた。
記憶している虎は、たしか右側の横顔を
世界に向けていた。虎の姿は反転している。

レオシュ・ヤナーチェク最晩年の管弦楽作品
シンフォニエッタ(Sinfonietta)」。

「1Q84」の音楽は、こちら。

「1Q84 BOOK1」で、
クラッシックに興味がないのに、
シンフォニエッタをなぜか知っていた、青豆。

青豆と天吾が戻ってきた世界。
しかし、その世界が、
本来戻るべき世界ではなく、
また別の第三の世界かもしれない。

だとすれば、また、元の世界へ戻る物語が始まるのかもしれない。

続けようと思えば、続けられるだろう。

「1Q84 BOOK4」が出るのではないか?
「1Q84 BOOK4」を出す前提で書いているのではないか?

「1Q84 BOOK 1(4月~6月)」、
「1Q84 BOOK 2(7月~9月)」、
「1Q84 BOOK 3(10月~12月)」の次は、
「1Q85」ではないか?

いや、「1Q84 BOOK 0(1月~3月)」と戻るのではないか。

などなど。

いろいろ憶測があるようだ。

2010年本屋大賞は、
投票総数が前年割れ。

出版不況の出版界において、
確実にお金になる作品。

もう1冊出しましょう、という流れになるのは、
自然な一手。

「1Q84」の中で、
マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」が
出てきた。

プルースト「失われた時を求めて」は、こちら。


予備校の先生も、長い小説だと言っていた
(たしか、フランス語の原文で読んだ、
とか言っていた気もする))。

「1Q84」も既に長編小説だ。
ある意味、未完成交響曲。
未完の大作になるのかもしれない。

失われた10年。
100年に1度の不況。

将来の見えない、日本経済、日本の未来。

地下鉄サリン事件などを引き起こした、
オウム真理教の事件が、
ある意味、内包していた、
時代への警鐘。

「さきがけ」、「空気さなぎ」、「ふかえり」、
「マザとドウタ」、「リトルピープル」、
唐突に現れ、非業の死を遂げる、「牛河」。

いろいろな触媒を通して、
日本はどうしてこうなってしまったのか、
どこから道を誤ったのか。未来はあるのか。

問題提起、解決策の提示を行った作品と言えるのかもしれない。

ちなみに、読み終わる寸前に、
「青豆」と「天吾」の名前の由来に、
やっと、青天の霹靂ではないか、と気づいた。

「青」豆と、「天」吾の、青天の霹靂(せいてんのへきれき)。

そして、天に浮かぶ月。月が2つあったとしたら。
エッソの看板のタイガー。

目で見て、「わかる人にはわかるシグナル」。

映画化か、ドラマ化か、
「1Q84 BOOK4」もしくは、「1Q84 BOOK0」か。

どういう展開になるだろうか。


※千倉町(ちくらまち)は、
千葉県安房郡にあった旧町名。
現在は南房総市の南東部を占める地域。
個人的には、当時の彼女と初めて1泊旅行した、
思い出深い場所。

愛犬と楽しむ宿 「しぶごえ千倉」





人気ブログランキングへ

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/407-92f8dea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード