「福田君を殺して何になる 光市母子殺害事件の陥穽(かんせい)」(増田美智子著)

山口県光市の母子殺害事件で
殺人などの罪に問われ2審の広島高裁で
死刑判決を受けた
男性被告(28)=元少年(18)上告中=
を実名表記したノンフィクション作品
福田君を殺して何になる
光市母子殺害事件の陥穽(かんせい)―」が
10月7日に販売されました。

「福田君を殺して何になる 光市母子殺害事件の陥穽」


※ ○○君と伏字にすべきかもしれませんが、
君を殺して何になる」で
検索すると、「福田君」と出てきてしまいます。

インターネット通販でも、
本の表紙の画像が貼ってあるものもあります。

福田君」なのか、どうか不明ですが、
福田君」と表記します。

さて、内容ですが、
都内の大きな書店に行ってみましたが、
「取り扱わない方針です」と門前払い。
詳細は、不明です。

紀伊国屋書店新宿本店では
7日昼前に店頭に並んだ実名本。

ジュンク堂書店新宿店や
紀伊国屋書店新宿本店では
7日昼前に店頭に並んだ実名本。

ジュンク堂書店新宿店や
八重洲ブックセンター本店も
実名本入荷次第発売するという。

報道によると、本の内容は、
著者の一橋大学職員・増田美智子さん(28歳)が
元少年と1年以上にわたり接見や文通を
続けたほか、元少年の両親や友人など
100人以上を取材して、元少年に深く切り込む
ノンフィクション作品とのこと。

被告の弁護団が出版差し止めを求める仮処分を
広島地裁に申し立てたことが10月6日に分かったが、
増田さんは2009年3月に接見した際、
元少年からの実名の掲載を
許可されたと反論している。

なお、弁護団の一人は「仮処分は被告の意思。
事前に原稿を見せてもらい、内容に間違いなければ
という話だったので、実名表記は承諾していない」
と話した、とのこと。

ちなみに、少年時の事件で家裁の審判を受けたり
起訴されたりした人の氏名は少年法61条により
報道が禁止されている。

(記事等の掲載の禁止)第61条 
家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき
犯した罪により公訴を提起された者については、
氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が
当該事件の本人であること推知することができるような記事
又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。

出版社は「インシデンツ」(代表=寺沢有)。
初版は4,000部。

福田君を殺して何になる
光市母子殺害事件の陥穽(かんせい)―」

【目次】
序章 予期せぬ返事
1章 少年時代
2章 父親
3章 不謹慎な手紙
4章 謝罪
5章 虚構
6章 弁護士
7章 死刑
終章 当事者

現在、再び最高裁の判断を待つ福田被告。
福田被告と同い年の著者。

2人の信頼関係は?

死刑廃止論や、死刑存置論
少年犯罪の厳罰化、表現の自由、
名誉毀損など。

インターネット通販の大手でも、
ページそのものは、あっても、
「購入できません」となっているものも。

2ちゃんねるや、ブログでは、
実名と思われる文字列や画像が、
すでに氾濫しています。

福田孝行被告(28)をめぐる
今後の報道など、
いろいろな面で、注目です。



福田孝行被告の画像検索結果一覧





人気ブログランキングへ

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/306-1b76f46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード