「1Q84 BOOK2」 村上春樹  (ハードカバー)

今日のおすすめの本は、こちら。



【PC用リンク】1Q84 BOOK 2

【携帯用リンク】1Q84 BOOK 2


村上春樹の書き下ろし長編小説。

1Q84年に迷い込んでしまった、
天吾と青豆の純愛の物語です。

「リトル・ピープル」とは何か。
「空気さなぎ」とは何か。

読者におまかせ、という感じです。

途中で、
天吾は、先生や、小松さん、愛人とは、
連絡がとれなくなってしまう、
という件に疑問をもちました。

つまり、彼らが、
天吾の周りの人に危害を加えようとする
「リトル・ピープル」によって、
「あちらの世界」に
連れて行ってしまわれたのか、
単に、天吾が、ますます
1Q84年という深みに、
迷い込み、彼らからすれば、
逆に天吾が、
どこかへ行ってしまったのか。

前者の意味合いが強そうだが、
後者の線もありえるのではないか、
と思いました。

巷では、BOOK3や、BOOK4が
出るのでは、という推測があるようですが、
個人的には、ない、と思います。

青豆は、首都高速の上で、拳銃を
公衆の面前に、出してしまっているので。

もっとも、
これだけの反響があれば、
続編の話もリアルに出るかもしれませんが、
それならば、全巻同時リリースするのが
筋でしょう。

(後日、「1Q84 BOOK3」執筆中であることが、
毎日新聞のインタビューで、
明らかとなりました。
当初、BOOK2で、完結のつもりが、
続きが書きたくなった、と。)



ねじれの位置にある、
男女の運命。

青豆が自分の命と引き換えに
するという自己犠牲によって、
大切なもの、天吾の生命を守る、ということ。

青豆が起こしてきた
連続殺人事件の因果応報とも
言えるのかもしれません。

また、天吾のゴーストライターという
世の中を欺く「詐欺」の共謀共同正犯の
帰結とも言えるのかもしれません。

後戻りできない時の流れ。
ぬぐい去れない後悔の念。

そして、
いざ戻るべき場所に
戻ろうと決めた時に、
肝心の相手はそこにはいない、
という喪失感。

「タイム・リープ」、「タイムスリップ」が、
できれば、どんなにいいか。

長い年月を超越した
純愛というものがあれば、
どんなに素晴らしいことだろうか。

「時をかける少女」(筒井康隆)や、
「冷静と情熱のあいだ」
(辻仁成 江國香織)など、
面々と続く、人類普遍のテーマが
描かれています。

また、親子愛についての
記述も興味深いものがあります。

気づいたら、この世に
生まれてしまっている人間。

生物学的父と、
育ての父。

親子の情愛とは何か。

天吾は、「父」がいる、
千倉の療養施設
(「猫のまち」)を訪ねます。

この施設も、
果たして、実在したものでしょうか。

最終章で、
何人もの看護士の名前や性別が、
かわるがわる出てきす。

まるで、「空気さなぎ」を作る、
「リトル・ピープル」のようでした。

天吾は、「父」がいなくなった
ベッドに横たわる「空気さなぎ」を見つけます。

そして、「空気さなぎ」の中に、
十歳の青豆を見つけます
(首都高速の上で、拳銃を取り出した
三十歳の青豆と、リンクするとは、
ちょっと思えません。青豆は、
たぶん、拳銃自殺したのだと思います)。

猫の町から帰ってきたとき、
天吾の部屋に、ふかえりは、
まだ、いるのでしょうか。

ふかえりの存在、
先生の存在、これらも、
果たして、実在のものなのでしょうか。

ふかえりは、
「青豆という運命の人に会う」ことの
大切さを気付かせるための触媒としての
存在だったのかもしれない。

まさかの「夢オチ」も
ありえる展開でした。

やや横道にそれるが、
天吾の母と
交わっていた人は、
誰なのでしょうか。

ふかえりの父、
リーダーかとも思い読み進めましたが、
そうではないようです
(ふかえりと、天吾が、異母兄弟という
可能性はないでしょう)。

BOOK1を読んだところ、
「リトル・ピープル」は、「ビッグブラザー」という
絶対専制君主に対して、
ブログなどに書きまくれる、
無数の人々のことを指す、と思っていましたが、
単に、「あけぼの」という宗教の関係者、
狂信的信者のようです
(山羊の口から出てきた、というのは、
比喩表現のように思います)。

そう考えると、
千倉の療養施設は、
実は、「あけぼの」の関連施設
なのかもしれません。

天吾はやっと「父」と本音で向き合いますが、
時すでに遅し。

「父」と真正面から
話し合う機会を永遠に失われる、
という危機に直面する天吾。

本作から
前向きに感じ取れるものとしては、
「後戻りできない今を大切にしよう」という
これまた未来永劫変わらない
メッセージでしょうか。

この世のことは、
すべて夢か幻か。

そうであってほしいのか、
そうであったら、困るのか。

必要性がわかったときには、
いなくなる恋人、親。

戻ることのない時間。

若いころは、
やり直しがきく、と言われるが、
いつの日からか、
やり直しがきかなくなる。

どこで足を踏み外したのか、
どこからやり直せなくなったのか。

性的な表現にも、
かなり踏み込んでいますが、
表現の自由と、文学の芸術性への
挑戦ともとれるかもしれません。

哲学的で、文学的な
大人の小説です。

読後感として、
「1日1日を、しっかり生きよう」と
思えれば、オッケーではないでしょうか。

【村上春樹インタビュー要約(毎日新聞)】

「1Q84」は現在、
2巻とも18刷を重ね、
「BOOK1」が123万部、
「BOOK2」が100万部。
ミリオンセラーとなり、
複数の研究本が出版されている。

最初は「1985」にするつもりだったが、
オーウェル作品を映画化した
マイケル・ラドフォード監督と話していて、
英作家アンソニー・バージェスが
「1985」という作品を
書いていたのに気がつき、「1Q84」に
改題。

書き上げたあと、
インターネットで調べたら、
浅田彰さんがやはり同じ題で
音楽カセット付きの本を出しており、
了解をとった。

オウム真理教そのものではなく、
われわれが今いる世界の中に、
『箱の中の箱』のような、
もう一つの違う現実を入れ込んだ
オウム真理教の世界を、小説の中に描いた。

 「個人とシステムの対立、相克」は、
常に最も重要なテーマ。

システムはなくてはならないものだけど、
人間を多くの面で非人間化していく。

オウム真理教というシステムが
地下鉄サリン事件の被害者と実行犯を傷つけた、
「二重の圧殺の構造」がとても怖いと思う。
自分がどこまで自由であるかというのは、
いつも考えていなくてはならないことです。

リトル・ピープルがどういうものか、善か悪か、
それは分からない。

ある場合には悪しき物語を作り出す力を持つもの。

深い森の中にいるリトル・ピープルは
善悪を超えている。

しかし、森から出てきて人々にかかわることによって、
ある場合には負のパワーを持つのかもしれません。

原理主義やリージョナリズムに対抗できるだけの
物語を書かなければいけないと思います。

「リトル・ピープルとは何か」を見定める、
という作業。
本当に描きたいのは、物語の持つ善き力。

小説家がやろうとしているのは、
もっと広い意味での物語を人々に提供し、
その中で精神的な揺さぶりをかけること。
何が間違いなのかを示すこと。


【感想】
おおむね、予想通り。

「リトル・ピープル」は、システムを
狂信的に信じる信者。

資本主義対共産主義、
植民地主義対反植民地主義。

冷戦の終結。
バブル。

宗教的な原理主義、
リージョナリズム(地域主義)の時代へ。

コミューン的な「さきがけ」から、
暴力的な「あけぼの」(連合赤軍)に分派し、
「さきがけ」(オウム真理教)は、
閉鎖的なカルト教団へ変質していく。

「さきがけ」の「リーダー」が、
単に、「機関」としての役割
を果たしていたにすぎず、自らも
苦しんでいたことが描かれていたが、
システムに無力化された個人を描き出す、
一環だった、ということになる。

システムに翻弄されてきた、
青豆と、天吾が、
自分が戻る点を認識した。

青豆と、天吾が、システムの呪縛から
解き放たれて、個を取り戻すことができるか。

これが、「1Q84 BOOK3」の
テーマだろう。

【小説家・村上春樹作品 抜粋】
1979年 「風の歌を聴け」(群像新人文学賞)
1980年 「1973年のピンボール」
1982年 「羊をめぐる冒険」(野間文芸新人賞)
1985年 「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」(谷崎潤一郎賞)
1987年 「ノルウェイの森」(上・下)
1988年 「ダンス・ダンス・ダンス」(上・下)
1992年 「国境の南、太陽の西」
1994~95年 「ねじまき鳥クロニクル」(第1~3部、読売文学賞)
1997年 ノンフィクション「アンダーグラウンド」
1998年 ノンフィクション「約束された場所で」(桑原武夫学芸賞)
1999年 「スプートニクの恋人」
2002年 「海辺のカフカ」(上・下)
2004年 「アフターダーク」
2009年 「1Q84」(第1、2部)







人気ブログランキングへ

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/288-79e3cc38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード