スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

「火天の城」 (山本 兼一) 西田敏行主演映画の原作本

今日のおすすめの本(小説)は、こちら。

織田信長の安土城築城をめぐる
総棟梁(御大工)父子の物語です。



【PC用リンク】火天の城 (文春文庫)


【携帯用リンク】火天の城 (文春文庫)

西田敏行主演映画の原作本(松本清張賞)
でもあります。

著者は、「利休にたずねよ」
直木賞作家となった山本謙一。

JR琵琶湖線から、
はじめて安土町の街並みを見たとき、
これが、かつて楽市楽座をひき、
繁栄した街なんだろうか、
と疑問に思った。

機会あって、安土城跡に登ると、
石垣の石の大きさは、
天下普請で築城された彦根城のよりも、
大きく感じられた。

今となっては、想像することが困難な
在りし日の安土城や、安土町の様子が
小説の中で、活き活きと描かれている。

信長は、優秀な大工を多く抱えたが、
その中でも同じ尾張出身の岡部又右衛門以言と
その子・以俊は重用され、専属の御大工となる。

小説の参考文献のひとつ、
「城と民家」(城戸久 (著)) によると、
岡部又右衛門が、以言という名で、
岡部又兵衛尉が、以俊という名で、
本能寺の変で討ち死に、とある
(小説では、以俊は、
燃え盛る安土城の中で、消息不明となる)。

工匠の血は以俊の子・宗光に受け継がれた。
宗光は中井正清の元で働き、
豊臣秀吉による京都大仏殿造営に尽くし、
徳川家康の名古屋城築城で大匠司となる
(本書でも、それを思わせる記述もある)。

日本史、建築史に興味がある方は、
是非、どうぞ。






人気ブログランキングへ

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/264-2b4f3df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。