「日本人の知らない日本語」 蛇蔵&海野凪子 (著) (単行本(ソフトカバー))

今日のおすすめの本は、こちら。
日本語学校の先生が、外国人学生と、くりひろげる笑える日本語バトル。



【PC用リンク】日本人の知らない日本語

【携帯用リンク】日本人の知らない日本語


「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されていました。

「純粋」と「純情」の違いなど、なんとなく感覚でわかっているものの、
それを言葉で説明するとなると、難しい。

麻生太郎首相が漢字を読めなかったり、
「必勝を期す」を、なぜか、正反対の「惜敗を期す」、と言い間違えたり。

おバカブーム、クイズ番組ブーム、少子化で子供にかける教育費は増大する中、
勉強してこなかったが、勉強に目覚めた人、
勉強はしてきたが、重大な勘違いをしていないか不安な人に、
売れてるんじゃないだろうか。

外国人を、子供に置き換えると、
笑えない話にもなりかねない。

装丁も可愛い。

32万部突破のベストセラー。納得です。












人気ブログランキングへ

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/237-46702315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード