「みんなのプロレス」(ミシマ社)(三沢光晴選手死亡)

今日のおすすめの本は、こちら。プロレスの本です。

2009年6月13日、広島市中区基町の広島県立総合体育館(小アリーナ)で
行われた試合で、株式会社プロレスリング・ノア(PRO-WRESTLING NOAH)社長の
三沢光晴選手が、試合中、リング上でバックドロップを受け、お亡くなりになりました。
46歳の若さでした。



【PC用リンク】みんなのプロレス

【携帯用リンク】みんなのプロレス


プロレスのよき時代を知る選手であり、社長。
憧れの元2代目タイガーマスク。

信じられない訃報。

ゴールデンから外れ、深夜に、細々と放送されていた、
プロレス中継を見ても、緑色のタイツで、がんばる姿は、
王者の風格にあふれ、やけに安心感があり、好きだった。
「三沢のエルボー」は、伝説になってしまった。

記事によると、広島グリーンアリーナ(サブアリーナ)のメインイベントで
チャンピオンのバイソン・スミス選手、齋藤彰俊選手組に、
挑戦者として潮崎豪選手とのタッグで臨んだ、
タッグマッチ(GHCタッグ選手権60分1本勝負)の試合中の事故だった
(当時、2300人の満員の観客がいた)。

バックドロップで、頭を強打し、意識を失い、
レフェリーが三沢さんに「動けるか」と聞いたが結局、
三沢さんは「動けない」と答え試合はそのまま中断。
結局、レフリーストップ(27分03秒)。
第17代選手権者バイソン&齋藤組が3度目の防衛に成功。

観客の男性(医師)が自動体外式除細動器(AED)で蘇生を試み、
心肺停止状態で広島大学病院に救急搬送されたが、
2009年6月13日午後10時10分に死亡が確認され帰らぬ人となった。

受身の名手とも言われる、三沢選手ほどの選手が、受身をとれなかったのか、
なぜ、と思ったが、どうやら、相当、ダメージが蓄積されていたらしい。

三沢選手にバックドロップの技をかけたのは、
「死神」の愛称を持つ、齋藤彰俊選手。

技の名前に死神の英訳である「デス」が多用されている。
入場テーマ曲は、「Deathtiny ~死神の宿命」 。

Wikipediaによると、齋藤彰俊選手のバックドロップには、いろいろあるようだ。

デスランディング (「死神の降臨」)
相手の片腕を相手の股下に通してロックして投げるバックドロップ
(数度しか公開したことがない)。

デストルネード (「死の竜巻」)
相手の胴と腕を一緒にロックして投げるバックドロップ。

リストリクション
腕極め式のバックドロップ。

投げ技の使い手であり、相手によっては受身が取れないほどの角度で落とす。
またラリアットや膝蹴り、ミドルキック、フライング・ニールキック等のキック系など
打撃技にも秀でている。

受身もとれない技だった可能性もある。
疲労が蓄積した中で、対戦した相手も厳しかったのかもしれない。

ノアも、今年の夏に、10周年を迎えるが、
ノアの社長でもある、大黒柱の三沢選手を失ったダメージは、相当、大きい。
齋藤彰俊選手にとっても、不運な事故。今後、どうすればいいんだろうか。

プロレスは、事故が起こりそうで、起こらないという、
暗黙の了解が、崩れた事故。

技も、危険になり過ぎているっている、ということなんだろうか。

衝撃度があまりにも大きいニュースのため、
2ちゃんねる(2ch)でも、スレがものすごい勢いで伸びています。

ご冥福をお祈りいたします。











人気ブログランキングへ

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/234-643d0f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード