「おくりびと」映画DVD アカデミー賞外国語映画賞

今日のおすすめ映画DVDはこちら。

第81回アカデミー賞外国語映画賞。
第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞。
第32回モントリオール世界映画賞グランプリ。



おくりびと [DVD]


【携帯用リンク】おくりびと [DVD]

死という重いテーマを扱いつつも、
笑いから入っていくあたり、うまい
(当事者にとっては、結構、笑えない話でもあるのだが)。

山崎努の存在感、広末涼子の嫌みのない透明感。
本木雅弘の相変わらずの男前さ。

鶏肉のもも肉、白子、たこ、フライドチキンなど、
誰かの命をいただくことで、生きている人間。

誰もに平等に起こる、死、という普通の出来事。

納棺師という仕事に対する周囲の人々の感情の変化。

「誰もがおくりびと、誰もがおくられびと。」

見終わった後に温かい気持ちになるでしょう。


山形県の庄内平野の風景、セット、ロケ場所の外観なども
味わい深い作品です。

銭湯「鶴乃湯」の女将さんの骸に、スカーフをそっと巻いてあげるシーンは秀逸。
カット割り、間など、絶妙で、落涙しました。

よくできた脚本、入念な取材、リサーチによって作られた映画です。


映画「おくりびと(洋題:Departures)」
【スタッフ】

  • 監督:滝田洋二郎

  • 脚本:小山薫堂

  • 音楽:久石譲

  • 撮影:浜田毅

  • 撮影:浜田毅

  • 照明:高屋斎

  • 録音:尾崎聡

  • 美術:小川富美夫

  • 編集:川島章正

  • 衣装監修:北村勝彦

  • ビューティー・ディレクター:柘植伊佐夫

  • イメージソング:AI (AI+EXILE ATSUSHI) 「おくりびと/So Special-Version AI-」

  • おくりびと製作委員会(TBS、セディックインターナショナル、松竹、電通、アミューズソフトエンタテインメント、小学館、毎日放送、朝日新聞社、TBSラジオ、テレビユー山形)


【キャスト】

  • 小林 大悟:本木雅弘(幼少時:井桁雅貴)

  • 小林 美香:広末涼子

  • 山下 ツヤ子:吉行和子

  • 佐々木 生栄:山崎努

  • 上村 百合子:余貴美子

  • 平田 正吉:笹野高史

  • 山下:杉本哲太

  • 小林 淑希:峰岸徹



本木雅弘が読んで、企画を思い立った、という本は、こちら。


納棺夫日記 (文春文庫)

映画の舞台が山形県になってしまったことで、
違う作品として公開することになったようです。

いずれにせよ、この映画は、一見の価値があります。






人気ブログランキングへ

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/141-ef90fbe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード