「竜馬がゆく」(2) 司馬遼太郎 文春文庫

今日のおすすめの
こちら。



【PC用リンク】竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)

【携帯用リンク】竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)

【楽天】竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)



司馬遼太郎が
「竜馬がゆく」で
坂本龍馬ではなく、
あえて、坂本竜馬にしたのは、
史実に縛られず、自由に書くという
意味があったらしい。


さて、ハイライトは、
坂本竜馬土佐藩を脱藩し、
土佐勤皇党の武市半平太が黒幕となって
参政吉田東洋を暗殺するところ。

上士と郷士の身分差別に苦しむ
土佐藩
志士が上士の身分である
長州藩とは様子が異なる。

佐幕派の吉田東洋を討つことで
活路を見出そうとする
武市半平太
一方、土佐藩の独特な
身分制度の中では、吉田東洋
討つだけでは足りず、脱藩し、
諸国の志士と組む方がよいと
判断する坂本竜馬
対比が面白い。

江戸から土佐に戻り、
学問に目覚め、
剣の修行だけでは
世の中を変えることはできない、
と悟り、武市半平太とも
微妙な距離をとりつつ、
独自の政治観を養う竜馬。

脱藩した竜馬、
吉田東洋を討った武市半平太(瑞山)が
どうなってしまうのか。

まんまと3巻を読むことになるでしょう。






人気ブログランキングへ

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nob1975.blog61.fc2.com/tb.php/135-80faf8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード