スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴露本「ふぞろいな秘密」 結婚、DVからまさかの復縁 「ワインレッドの心」

今日のおすすめの本は、こちら。


ふぞろいな秘密

暴露本として、話題になりましたし、
石原真理子監督で映画化もされました。

全体の3分の1の50ページを玉置浩二に割いた、
玉置浩二へのラブレターともいえる本。

「真理(子)の散歩の帰りをずっと待っていた。」

玉置浩二石原真理子23年ぶり復縁、同居

歌手玉置浩二(50)と女優石原真理子(45)が復縁し、東京近郊で同居生活を始めていることが24日、分かった。2人は85年に不倫愛が発覚したが、紆余(うよ)曲折があり翌86年には破局。06年は石原が自伝で玉置の暴力癖などを暴露し絶縁したと思われていたが、2人は自伝の出版後も連絡を取り合っており、再び恋に発展したという。今月に入って同居を始め、玉置の自宅周辺では、仲良く買い物に出掛ける姿も数多く目撃されていた。(日刊スポーツ)より引用 最終更新:2月25日9時58分

日刊スポーツのスクープとのこと。

新たな純愛ストーリーなのか、
2人そろっての単なる売名行為なのか。

率直な感想は、
うそー、まさかー。

ヤフーのクイックサーチでも
88%が驚いていた。

グーグルの急上昇ワードに
石原真理子」と「玉置浩二」。

前回は
安全地帯」の絶頂期の不倫愛。

今とはまったく時代環境も、
2人が置かれている環境も
違うわけで。

まさに今が、「ふわっとした瞬間
石原真理子公式ブログ)なのか。

と思いきや。

【続報】
玉置浩二石原真理子が結婚、DVからまさかの復縁

玉置浩二と石原真理子が結婚、DVからまさかの復縁 歌手、玉置浩二(50)と女優の石原真理子(45)が電撃的に復縁し、25日入籍した。同日午後、東京駅で会見した玉置は、「ジジイ化しちゃいましたが、まだときめいています」と話した。

(中略)

 破局からの長い年月を玉置は「真理が散歩して、僕は反省して散歩の帰りを待っていたら、24年間経っちゃった」、石原は「あっという間でした」と振り返った。
2月25日17時47分配信 サンケイスポーツより一部抜粋

涙の会見となった、昔と違い、
マスコミがてのひら返しで祝福しているが、
あまりの展開に驚きを隠せない様が
ちょっと滑稽。

今年のバレンタインデーに再会。
そして、2月25日に24年越しで
超スピード入籍。

23年越しの「恋の予感」があったのか。
2人の見つめあう「熱視線」が云々とか。
まさに、「田園」状態だとか。

「これから入籍します」と
婚姻届を提出前の記者会見で言った
玉置浩二の笑顔と
そばでじっと聞いている
石原真理子が印象的でした。

玉置浩二は4回目
(芸能人としてはチャーリー浜とタイ記録)。
石原真理子は2回目の結婚。

玉置浩二いわく、
「自叙伝については、
私の部分については本当ですので、
行ってすぐに謝りたかった」とのこと。

石原真理子がCMに出ているのを見て、
作った曲。



ワインレッドの心

バブル。ワンレン。
バンドブーム。

当時22歳と28歳。
24年の歳月。

急性膵炎、3度目の離婚、
孤独の中で、再会。

「神様はいるんだなと思った」
「助けに来てくれたんだなと思った」

「価値観が合う」

軽井沢で音楽を作る
ミュージシャンの玉置浩二と
眉毛を細くしない石原真理子の
価値観の一致(テリー伊藤談)。

暴露本
ふぞろいな秘密」を見直す価値は
あるでしょう。

「冷静と情熱のあいだ」で
恋愛のブランクは10年が限界と思っていましたが、
復縁の時効は、24年までいけることが
実証されたわけで。

新しい恋をするよりもいいのかもしれません。

今年は、復縁ブーム、元鞘ブーム到来の予感!?





スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

中川昭一財務・金融担当相辞任表明 「飛翔する日本」「日本を守るために日本人が考えておくべきこと」

今日のおすすめは、こちら。


日本を守るために日本人が考えておくべきこと


飛翔する日本



ホリエモンのブログで紹介されてました。
首相を目指してか、を出していたようです。

しかし、書名がまた、ブラックです。
日本を守るために日本人が考えておくべきこと」。

まぁ、今回の場合、
日本麻生太郎政権を守るためには、
中川昭一財務・金融担当相の「更迭」以外、
なかったのでしょう。

飛翔する日本」も、安倍晋三元首相の「美しい国へ」に
通じる、やや壮大過ぎるタイトル。

日本を守るために日本人が考えておくべきこと」も、
飛翔する日本」も、読んでないですけど。
今となっては、もはや、ブラックです。

それにしても、ひどい会見、醜態でした。
呂律が回っていない記者会見、しかも、G7で。

ヒラリー国務長官が来日中で
世界中の記者が東京に集結していたのも
タイミングが悪かった。
全世界へ速報が伝わってしまったわけで。

いろいろ庶民にはわからない
仕事や苦労があるのかもしれませんが。

風邪薬か、他の薬か、酒を飲んだのかわかりませんが、
どうみても、泥酔、酩酊しているようにしか見えないわけで。

実際、海外のニュースでは、
どうしてあーなったかわからない、という
微妙なニュアンスまでは表現されていないようです。

その点で、決定的な落ち度があるわけで。

夜、帰宅する中川昭一財務・金融担当相に
中川夫人(中川郁子さんというらしい。中川妻。中川嫁)が、
報道陣のカメラの前で、「頑張れ、頑張れ!日本一!」と
叫んでるのも常軌を逸していて、痛かったです。

旦那の失態を励ます姿に
夫婦愛を見るのか。

「空気読めない嫁」と見るのか。

人それぞれでしょうけど。


関連ニュース。
■[不祥事]中川氏、苦しい“酌”明「ワインはゴックンしてない」世界に醜態配信
■[不祥事]中川財務相 変調? G7会見でろれつ回らず
■[中川財務相]引責辞任表明 予算衆院通過後に
■[かんぽの宿]「日本郵政見苦しい」鳩山総務相







テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

「竜馬がゆく」(2) 司馬遼太郎 文春文庫

今日のおすすめの
こちら。



【PC用リンク】竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)

【携帯用リンク】竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)

【楽天】竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)



司馬遼太郎が
「竜馬がゆく」で
坂本龍馬ではなく、
あえて、坂本竜馬にしたのは、
史実に縛られず、自由に書くという
意味があったらしい。


さて、ハイライトは、
坂本竜馬土佐藩を脱藩し、
土佐勤皇党の武市半平太が黒幕となって
参政吉田東洋を暗殺するところ。

上士と郷士の身分差別に苦しむ
土佐藩
志士が上士の身分である
長州藩とは様子が異なる。

佐幕派の吉田東洋を討つことで
活路を見出そうとする
武市半平太
一方、土佐藩の独特な
身分制度の中では、吉田東洋
討つだけでは足りず、脱藩し、
諸国の志士と組む方がよいと
判断する坂本竜馬
対比が面白い。

江戸から土佐に戻り、
学問に目覚め、
剣の修行だけでは
世の中を変えることはできない、
と悟り、武市半平太とも
微妙な距離をとりつつ、
独自の政治観を養う竜馬。

脱藩した竜馬、
吉田東洋を討った武市半平太(瑞山)が
どうなってしまうのか。

まんまと3巻を読むことになるでしょう。






テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

「竜馬がゆく」〈1〉 (文春文庫) 司馬遼太郎【2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」】

今日のおすすめのは、
こちら。



【PC用リンク】竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

【携帯用リンク】竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

【楽天】竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)



司馬遼太郎の「燃えよ剣」(新撰組の土方歳三が主人公)も
そうだが、登場人物が活き活きと描かれている。


仇討ちを狙う遊女の冴が、竜馬を誘惑したり、
竜馬に片思いのさな子が、竜馬と冴に嫉妬しつつも、
竜馬をサポートする様子、
竜馬に恋しているが、家格が合わず、
距離が縮まらない家老福岡宮内の娘・お田鶴、
お田鶴に夜這いをかけるはずが、新宮馬之介の手引きで
結ばれることになった漢方医岩里人の娘・お徳。

信夫左馬之助、寝待ちの藤兵衛、人斬り以蔵こと岡田以蔵、
千葉重太郎、武市半平太、桂小五郎、岩崎弥太郎など。

北辰一刀流・桶町千葉道場の
大目録皆伝、塾頭となった坂本竜馬が、
神道無念流・斎藤弥九郎道場の塾頭・桂小五郎
試合するシーンがクライマックス。

どこからどこまでが史実で、
どこからどこまでが創作なのか
わからないが、
登場人物を一人一人丁寧に
愛情と思いこみをもって描ききる司馬遼太郎の
想像力には圧倒される。


なお、2010年のNHK大河ドラマは「龍馬伝」。

物語の主人公・坂本龍馬
福山雅治が演じることになった。

2009年8月にクランクイン、
2010年1月から1年間の放送を予定。

大河が始まる前に
竜馬がゆく」を読んでおくと
より楽しめるかもしれません。






テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

「チェ・ゲバラ伝 」「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」

今日のおすすめのは、こちら。


チェ・ゲバラ伝

映画「チェ 28歳の革命」と
続編の「チェ 39歳 別れの手紙」 が好調。

そもそも、チェ・ゲバラって誰?
という人もいたかもしれない。

映画の予告を見て、
なんとなく
キューバ革命、カストロに関係が
あるんだろうな、と思った方、
チェ・ゲバラって何者?と思った方に
おすすめ。

チェ・ゲバラ」は、名ではないし、
「チェ」とは、アルゼンチン語で「ありがとう」の
意味だということ、
キューバ革命成功後、
カストロに別れの手紙を残し、
新たな革命のために転戦し、
ボリビアで銃殺される、という人生。

事前に知っておくと、
映画も見やすいでしょう。

「祖国か、死か。」

常に前線にあって銃を手にとった
真の革命家の生きざまから
学ぶ点は多いのではないでしょうか。








テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。