「Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック」

今日のおすすめのはこちら。



Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック

検索連動型広告アドワーズ

検索連動型広告は、リスティング広告(PPC広告)とも呼ばれる。

Googleで検索をすると、スポンサーリンクに表示される、テキスト広告枠。
これが、Googleアドワーズ広告である。

ここに、自分がホームページに誘導したキーワードで、テキスト広告が出せる。

マス広告の効果が下がっている反面、検索によって、自分の必要な情報を探す、能動的な人が増えている、という時代環境もあり、インターネット広告の中でも、もはや、主力商品である。

もちろん、人気のキーワードは、高くて、競合も多い。
しかし、安くて競合も少なくて、効果が高い、キーワードを見つけることができれば。

今まで、まったく、認知されなかったホームページに、人が訪れ、
コンバージョン(成約)が発生するだろう。

もし、費用対効果が合わなければ、
購入するキーワードや、入札単価、ランディングページを見直せばよい。

もちろん、通常の、SEO対策も怠ることなく。

また、SEO対策をかけるキーワードの選定にも、役に立つだろう。
流行りのクロスメディア戦略で、折込チラシ、雑誌、交通広告などで、
「〇〇」で検索、という、検索窓とキーワードを見ることがある。
その○○というキーワード、魔法のキーワードを見つけること。

このを片手に、「魔法のキーワードは、何か」を、
試行錯誤しながら探すことから、すべては、始まるだろう。






テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【Yahoo!リスティング広告】検索連動型広告 オーバーチュア スポンサードサーチ 公式ガイド【ヤフー】

今日のおすすめの本はこちら。



【PC用リンク】検索連動型広告 オーバーチュア スポンサードサーチ 公式ガイド

【携帯用リンク】検索連動型広告 オーバーチュア スポンサードサーチ 公式ガイド



リスティング広告(検索連動型広告)といえば、
オーバーチュア。

ヤフー(Yahoo!)で検索をすると、
スポンサーサイトに表示されるテキスト広告枠。

これが、オーバーチュアのスポンサードサーチ
Yahoo!リスティング広告)です。

自分がホームページに誘導したいキーワードで検索した、
アクティブユーザーに対してだけ、
テキスト広告が出せるます。

テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどの
マス広告の効果が下がっている反面、
検索によって、自分の必要な情報を探す、能動的な人が増えている、
という時代。

インターネット広告の中でも、バナー広告よりも費用対効果に優れているのが、
リスティング広告です。

もちろん、人気のキーワードの入札単価は競合も多いので、高くなりがちです。
しかし、競合が少なくて、割安なキーワードや、急上昇キーワードのように、
安価な割に注目度が高い、お宝キーワードを見つけることができれば、
今まで、まったく、認知されなかったホームページにさえも、
ユーザーが訪れます。

SEMと言われる手法です。

もちろんSEO対策も重要ですが、
即効性があるのは、SEMでしょう。

人が多く訪問してくれれば、おのずと、
コンバージョン(成約)も発生するでしょう。

もし、費用対効果が合わなければ、購入するキーワードや、
入札単価、ランディングページの最適化(LPO)を素早く行えばよいのです。

また、クリック率や、コンバージョン率のレポートを検証すれば、
SEO対策を施すのに最適なキーワードの選び方を見極めることができ、
マーケティングにも役に立つでしょう。

今の時代、とにかく、クロスメディア戦略が盛んです。

折込チラシ、雑誌、交通広告などで、「〇〇で検索」や、
「詳しくはWEBで」という、検索窓つきの広告を見るのも、
珍しくなくなりました。

「魔法のキーワードは、何か」

「走りながら、考える」のが、合っている広告が、
リスティング広告です。

臨機応変に対応する中で、ダイレクトにお客様の反応を楽しめる、
積極的にお客様に仕掛けることができる、というメリットがあります。

会社のホームページを持っている方や、
個人のホームページで集客アップを図りたい方は、
リスティング広告を、始めてみてはいかがでしょうか。

リスティング広告の本は、こちら。

また、リスティング広告を、 幅広くご検討の方は、Google(グーグル)のAdwords(アドワーズ)も、どうぞ。

無料でもできる、コンテンツマッチ広告(コンテキストマッチ広告)でしたら、
Google(グーグル)のAdsense(アドセンス)が、とりあえず、おすすめです。

「続きは、WEBで。」ならぬ、 「続きは、Googleカスタム検索で。」
ともかく、走りだしましょう。





テーマ:インターネットビジネス - ジャンル:ビジネス

「セカンドライフアバターメイキングブック」

今日のおすすめのはこちら。





3D仮想空間セカンドライフでは、アバターと呼ばれる自分の分身で、コミュニケーションをとっていく。となれば、すなわち、人は、見た目が9割というように、アバターも、見た目が9割。個性的で、愛される、アバターを着用している人は、センスがよい、とみなされ、人気者になれる。人気者になるためには、アバターの攻略が、必要不可欠なのです。自分オリジナルのアバターを作る方法が、満載。図表も、豊富です。





テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

「セカンドライフで作る リンデンスクリプト」

今日のおすすめのはこちら。







3Dインターネット仮想空間セカンドライフでは、すべての人が、自分オリジナルの制作物、オブジェクトを制作し、著作権を所有できる。ただし、単に、形を作っただけでは、不十分。そんなときに、必要になるのが、リンデンスクリプト言語(LSL)と呼ばれる、スクリプト言語をマスターする必要がある。このでは、主要なスクリプトを、ほぼ網羅しており、付属のDVDには、スクリプトが入っているので、いちいち手入力しなくても、コピペできるものもあり、便利。セカンドライフを始めて、オブジェクト制作に行き詰ったときには、必読の書でしょう。






テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

「セカンドライフ 7つの誤解」

今日のおすすめのはこちら。






3Dインターネット仮想空間セカンドライフ。2007年7月に日語版がリリースされ、2007年は、盛り上がった。その一方で、セカンドライフの街は、閑散としており、どこに何があるかもよくわからず、何をすればよいか、わからない(、雑誌の助けが、必要なこともあるが、口コミ情報で、多くはまかなうことができる。その過程が、セカンドライフ質=自分が必要なものは、何か、それを、どうやって得るかを、探究することでもある)。コア2デュオ、グラフィックボード搭載の高スペックなパソコンでなければ、満足のいく動作環境が得られない(グラフィックボードなしのノート型パソコンでも、最低限、動かすことはできる)。セカンドライフでは、儲からない(不動産取引などで、儲けている人は、少数だが、確実にいる)。セカンドライフは、ゲームではなく、人と人のコミュニケーションツールだ(代替現実ゲームに応用できる要素はある)。セカンドライフに関係する、主要な論点について、まとめられている。2008年の日経MJの巻頭は、3Dインターネット時代の到来であった。「3Dインターネットって、何?」「セカンドライフって何?」と思われる人には、おすすめ。




テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード