スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「街場の中国論」 内田樹 (ミシマ社)

今日のおすすめの本はこちら。

2008年北京オリンピック。 中国の専門家ではない内田樹による中国論。 多民族国家を統治するのは、大変である、ということ。 中華思想の流れ、異民族による侵略に耐えた歴史。 仮想敵国を置くことにより、 中央集権化する、など。 アジアにおける中国のプレゼンスの高まり。 日中関係、米中関係、アジアのパワーオブバランスの観点。 他者理解、他国理解も、 流れを把握することが大事だな、と思いました。 チベット問題を考える上でも、役に立つかもしれません。

あわせて、内田樹の街場シリーズ「街場の教育論」もどうぞ。

Google
 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

「Web・マーケティング担当者のための Mobile SEM Handbook」 吉羽一高

今日のおすすめの本はこちら。



モバイルのキャリアが
検索サービスを導入したことにより、
モバイルも、SEMの重要性が高まっている。

実務的な手引書として、完成度は高い。
陳腐化リスクも高い類の本なので、
ある意味、歴史書的側面も持つことになるでしょう。











テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

「アマチュア論。」 勢古浩璽 (ミシマ社)

今日のおすすめの本はこちら。




「自称プロという奴に、ろくな奴はいない。」

という価値観に、基づいた本。

上下逆転の装丁に、
その心意気が感じられる。

装丁をかえた本が売れ出している時代。
当たり前の現状を打破するには、
常に謙虚に対処することが重要。





テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

«  | HOME |  »

プロフィール

紀伊国屋文左衛門

Author:紀伊国屋文左衛門
東京で、映画、テレビ(ドラマ・バラエティ)、インターネット、モバイルの、お仕事をしています。






人気ブログランキングへ

FC2カウンター

サイト内検索

最近の記事

カテゴリー

Amazon(アマゾン)検索

楽天市場(楽天)で検索

ブクログ ミニ本棚

ツイッター・Twitter

Amazon おすすめ商品

リンク

おすすめのリスティング広告

Yahoo!リスティング広告

QRコード

QR

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。